2010年05月12日

喀痰吸引、PTやOTなど4職種も可能に―厚労省が通知(医療介護CBニュース)

 「チーム医療の推進に関する検討会」が3月に取りまとめた報告書を受け、厚生労働省はこのほど、看護師以外の医療スタッフの業務範囲を拡大するよう都道府県知事などに通知した。喀痰の吸引については、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床工学技士による実施が現行法で可能とする方針を示している。

 通知ではまた、薬剤師に関して、薬剤選択、投与の量・方法・期間などの医師への提案のほか、薬物療法中の患者(在宅も含む)に対する薬学的管理(患者の副作用の状況の把握や服薬指導など)といった業務について、「薬剤師を積極的に活用することが可能」とした。
 作業療法士に関しては、現行法の「作業療法」の範囲を明確化し、日常生活(移動、食事、排泄、入浴など)に関するADL訓練などの業務も可能とした。また、管理栄養士については、医師の包括的指示の下、一般食(常食)の食事内容や形態の決定(または変更)、特別治療食に関する医師への提案なども現行法で実施できるとしている。
 さらに、臨床工学技士については、動脈の留置カテーテルからの採血も現行法の「生命維持管理装置の操作」に含まれるとしている。


【関連記事】
看護師以外の医療スタッフの役割も拡大へ
チーム医療推進へ「特定看護師」創設を―厚労省検討会が報告書案
「歴史的な一幕」―「特定看護師新設」で日看協・坂本副会長
「特定看護師」の業務範囲など検討―「チーム医療推進会議」が5月に初会合
介護職員のたん吸引など実施へ法案提出―来年の通常国会に

徳之島案表明に3町長「民意は変わらず」(読売新聞)
普天間5月末決着先送り、閣僚から意見相次ぐ(産経新聞)
<豊川一家殺傷>長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)
<桑原武夫学芸賞>坪内稔典さんに決まる(毎日新聞)
室内から複数足跡 横須賀の男性殺害(産経新聞)
posted by オオシマ サカエ at 19:46| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。