2010年04月26日

<グループホーム>6割がスプリンクラー未設置(毎日新聞)

 札幌市で3月に起きたグループホーム火災を受け、厚生労働省などが全国の認知症高齢者向けグループホームのスプリンクラー設置状況を調査したところ、約6割が未設置と分かった。09年4月の改正消防法施行令改正で11年度末までの設置が義務付けられた延べ面積275平方メートル以上の施設でも、未設置が約54%に及んだ。

 全国の施設約1万事業所のうち、3月現在で9950事業所が調査に回答。延べ面積275平方メートル以上の施設で約46%がスプリンクラーを設置、275平方メートル未満の施設では設置は約13%だった。

 厚労省によるスプリンクラーの補助対象は、原則として延べ面積275平方メートル以上の施設で、火災報知機は対象外。長妻昭厚労相は23日の閣議後会見で、対象外の施設や火災報知機なども補助対象にすることを検討すると明らかにした。【野倉恵】

【関連ニュース】
たまゆら火災:住民らも犠牲者を悼む 群馬で一周忌法要
たまゆら火災:発生から1年 高齢貧困層の現実変わらず
札幌のグループホーム火災:火災から1カ月 小規模ゆえ、利点と弊害
札幌のグループホーム火災:発生から1カ月 「孤独」隠し笑顔

プラスチック 強さ鋼並み…軽くて強度7倍 広島大チーム(毎日新聞)
<愛知5人殺傷>県の機関や警察の助言でネット停止(毎日新聞)
警官の顔に火付け逃走=捜索受け、41歳男逮捕−愛知県警(時事通信)
障害者自立支援法訴訟が終結(産経新聞)
新築の住宅やビル、省エネ基準適合義務化へ(読売新聞)
posted by オオシマ サカエ at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)

 三重県桑名市長島町のテーマパーク「なばなの里」でチューリップ約120万本が満開になっている。今年は気温の低い日が続いたため見ごろの期間が長くなり、今月下旬まで楽しめるという。

【写真特集】東京・丸の内のオフィス街で8万本のチューリップ

 約4.3ヘクタールの「花ひろば」に約200種のチューリップが植えられている。赤や白など色とりどりの花が咲き誇る園内では、家族らが散策し、「華やかな春」を満喫していた。日没から午後9時まではライトアップされている。【沢木繁夫】

【関連ニュース】
【写真特集】春の美しい草花がいっぱい 毎日植物園
【特集】さくら前線北上中 全国のさくら情報満載
【写真特集】写真で見る各地のさくら便り
【写真特集】写真で見る花見今昔

<使い捨てライター>業界団体がCRの義務づけを支持(毎日新聞)
無給の「ノキ弁」も…弁護士は増えすぎた? 日弁連新会長誕生で議論再燃(産経新聞)
迢空賞に坂井修一氏(時事通信)
首相退陣なら衆参同日選も=仙谷氏(時事通信)
垂直尾翼ではく離=ISSドッキングに影響なし−山崎さん搭乗のシャトル(時事通信)
posted by オオシマ サカエ at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

名張毒ぶどう酒事件 84歳の奥西死刑囚「後がない」(毎日新聞)

 死刑確定から38年。名張毒ぶどう酒事件の第7次再審請求は、三度(みたび)、名古屋高裁に舞台を移すことになった。大正生まれで事件当時35歳だった奥西勝死刑囚は既に84歳。今後、高裁差し戻し審の決定が出ても、再び弁護側か検察側が特別抗告することも想定され、司法の最終的な判断はさらに先となる可能性もある。奥西死刑囚は支援者らに「年齢的にも後がない」と訴えている。

 3月上旬、名古屋拘置所にいる奥西死刑囚と面会した「愛知・奥西勝さんを守る会」事務局長で特別面会人の田中哲夫さんによると、奥西死刑囚は支援者から贈られたセーターを着て「だいぶ暖かくなった」と元気そうな様子だったという。

 「布川や足利は良かった。私も最高裁決定に非常に期待している」。再審開始が決定した布川事件や、再審無罪が確実になっていた足利事件に話題が及ぶと、笑顔を見せた。田中さんは「奥西さんも、再審の結論を待たずに亡くなったお母さんの年齢を超えた。今のところ、健康に問題はなさそうだが、早く救い出さないといけない」と話す。

 奥西死刑囚は3月27日付の支援者グループへの手紙で「(捜査官は)否認すると上司を調べ室に連れて来た。上司は自白しろと大声を出したり、ムチで机を打ったりした。やってないから後で無実が分かってもらえると信じて自白してしまった」「40年余の長い間の苦しみと残念さは、いいあらわすことができない。年齢的にも後がなくなったし、一日も早く冤罪(えんざい)を晴らしてもらいたい」と記した。

 手紙では「父母は今はいないが、生きている時は私をよくよく全面的に支えてくれたことに感謝している」とも触れた。支援者によると、今も妹が奥西死刑囚の健康状態を心配しながら、別の地域で暮らしているという。

 ◇解説…最新の科学的見解を尊重

 最高裁決定は、弁護側が「新証拠」として科学鑑定結果を提出したのに、名古屋高裁が再鑑定など科学的検討をしないまま退けた点を「審理不尽」と指摘した。3月に再審無罪が確定した足利事件でも、弁護側の独自鑑定をきっかけに東京高裁がDNA再鑑定を行い冤罪が晴れた。

 最高裁は、有罪確定の根拠を揺るがす最新の科学的見解が示された場合、丁寧に再検証する必要性を説いたと言える。

 第7次再審請求で弁護側は、専門家に依頼してペーパークロマトグラフ検査や分析などを行い、奥西死刑囚が所持していた農薬「ニッカリンT」には事件で使われた農薬にはない成分が含まれていると指摘し、事件に使われたのは別の農薬だと主張した。

 名古屋高裁は積極的に評価して再審開始決定を出したが、検察の異議を受けた同高裁の別の部は「ぶどう酒で薄まるなどして検出されなかった」と書面の検討だけによる解釈で退けた。これについて最高裁決定は「推論過程に誤りがある疑いがある」と指摘した。

 足利事件では、上告審で弁護団が独自鑑定を基に警察のDNA鑑定の誤りを主張したが、最高裁は再鑑定の必要性を認めず退け、再審請求でも宇都宮地裁の判断は同様だった。その結果、菅家利和さんの社会復帰は約9年遅れた。

 80年代に死刑事件の再審無罪が相次いで以降、重大事件の再審請求に対する司法判断は厳しかった。しかし、ある現職裁判官は「科学鑑定は典型的な客観証拠だが、科学は日進月歩。足利事件を踏まえ、説得力のある見解があれば、確定判決といえど慎重に再検討しようとの考え方が広まりつつあるのだろう」と変化を指摘する。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
足利事件:菅家さん無罪判決 被害者遺族は事件風化に懸念
足利事件:「心晴れ完全無罪」 菅家さんうれし涙
布川事件:検察、改めて有罪立証方針 再審公判の事前協議
足利事件:菅家さん無罪 裁判官の謝罪に感動「免許取り温泉に行きたい」
布川事件:桜井・杉山さん、早期の無罪確定を 佐藤光政さん、支援コンサート /茨城

雑記帳 マリン大役、警察から「みまもり犬」委嘱 広島(毎日新聞)
「政官業」の癒着を一刀両断=竹光を手に宣言−鳩山首相(時事通信)
<与謝野元財務相>平沼元経産相らと10日に新党旗揚げへ(毎日新聞)
邦夫氏反省「龍馬をやりたい、言いすぎだった」(読売新聞)
支笏湖の橋に人骨片…あご部分と歯も(読売新聞)
posted by オオシマ サカエ at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。